ブラックな会社に対抗するためには

職場で働いていて上司や同僚と上手くいかない・労働に見合うだけの給料が貰えていないなど、働く人の職場に対する不満は年々増え続けています。どうせ働くのであれば皆で仲良く働き、それなりの給料を貰うことができればそれに越したことはありません。しかし、最近になって労働者の人権すら無視したような、いわゆる「ブラック」と呼ばれる会社が増えてきています。会社がブラックになってしまう原因はいくつかありますが、悪い企業ほど利益を得てしまうという現状が一因です。例えば、サービス残業がその典型で、労働者にはタイムカードを定時に押させるが家には帰らせず、残業をさせるという事例が頻発しています。もちろん、会社は残業分の給料を支払わないばかりか、残業すら無かったことにしようとします。特に、新入社員で会社に入ったばかりでサービス残業を断るのは勇気がいりますよね。ブラックな会社はその弱みにつけこんで、無給で働かせようとしてくるのです。中には、強硬な姿勢でサービス残業を断る人もいるのですが、その後上司からきつく当たられたり、同僚から嫌がらせをされるという事例さえあります。そこで、私たちがそうしたブラックな会社から身を守るためにできることは、労働時間を毎日きちんと記録しておくことです。メモでもかまいません。残業を行ったのに働いていないことにされてしまった場合、最寄りの労働基準監督署に行って被害の相談をしましょう。相談は匿名で受け付けてくれるため、諦めることはありません。

  • Recent Posts